読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかりの宿

やどかりによる書籍紹介その他の日常思うこと

バースデーカードは"コスパ最強"。


先日、恋人が誕生日でした。

私やどかりは、誰かの誕生日を祝う時は
できるだけバースデーカードを
渡すことにしています。


これには深〜い訳


がある訳ではないんですが、
うら若き乙女だった高校生の頃の
甘酸っぱいエピソードに由来します。


〜17歳の誕生日の日〜

やどかりがこっそり、いやがっつり
好意寄せていた男の子がいました。
その彼からなんとプレゼントが!
開けるとプレゼントだけではありません。


…これは!
バースデーカード!
(真実はいつも一つ!)



プレゼントが何だったかは覚えていないのに
カードに書かれていたメッセージは
いまだに覚えています。

それ以来やどかりは、
誕生日祝いにバースデーカードを
付けることを心に決めたのでした。

〜終わり〜






ああ、こんな純な時代もあったんだ…

という感傷はさておいて。




そうなんです。

「プレゼントは何か覚えていない」

というのがポイント。

言葉の贈り物はそれだけ印象深い
ということを身をもって知った出来事でした。




LOFTやら東急ハンズやら本屋さんやらには
たくさんのバースデーカードが並んでいます。
凝ったデザインのものでも500円くらい。


「そんなにたくさんメッセージ書けないなあ」
という方に贈るなら、
書くスペースの小さいものを選べばよろしい。
信頼を積むには十分です。


こんなコスパのいい投資はないと思いません?


恋愛だけではなくて
ビジネスの場でも効果はあるでしょう。
できる営業マンは実際にやっている方も
多いかもしれません。


何かお菓子でもハンカチでも
渡すときにはカードを添える。


ホワイトデーのお返し、まだ渡していない!
という方。
メッセージカードを1枚忍ばせておくのは
いかがでしょうか。



コスパ云々は置いておいても
メッセージを考えながらカードを選んで
相手の1年を想いながら丁寧に書き上げる。
この時間が結構好きだったりします。