読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかりの宿

やどかりによる書籍紹介その他の日常思うこと

「夢の国」の"ホスピタリティ"について考えてみた。

 
「やつれた??」
と聞かれる日々が続いています。
試験勉強の傷跡です。
こんにちは、やどかりです。
 
 
 
 
ディズニーランドに
行ってきました。
 
 
 
それはもう10年ぶりに行ってきました。
 
私やどかりは
 
速い乗り物
  (例)自動車  
 
 
高い所
  (例)透明のエレベーター,大気圏
 
が大変非常になかなか苦手です。
心臓ばくばくで腰から下の力が全て抜け
新生児の首すわってない感じになる。
 
 
そんな訳で(どんな)
ここ10年間は積極的に遊園地に行くことは
全く無かったのですが
 
大学の同回生と行こう行こうということになり
行ってきました。
 
 
 
結果
 
 
 
 
 
めっっっっっっっっちゃ
楽しいやん!!!!!
 
 
入園前からワクワクを増幅させる
駅からの道のりと音楽。
 
キャストの方々の
完璧なホスピタリティ。
 
決して現実世界が見切れることのないように
計算し尽くされた(であろう)造形。
 
 
 
 
最高!!!!!!!
夢の国最高!!!!!!
 
 
 
 
 
 
取り乱してしまいました。失礼。
 
 
本当にすんばらしかった。
 
 
 
 
そして特筆すべき今回のテーマは
 
この素晴らしい夢の世界には
 
お金に糸目を付けなくさせるほどの
"なにか"が働いている
 
ということです。
 
 
何が人にカネを出させるのか。
 
 
 
対象者別に考察をすると
 
①ビジネスの匂いに敏感でない人の場合
・よく言えば「純粋」、素直に言えば
 「世間知らず」なので
 「嬉しい!」と感じることをして
 あげれば簡単にハマる。
・ハマったものにはお金を惜しみなく出せる。
 
②多少でもビジネスの匂いに敏感な人の場合
・自分を「きちんとした人間」と認識している。
・「きちんとしている」ということを見せると
 案外あっさりとお金を出す。
 (自分も「きちんとしている」ことを売りに
 金もうけをしているか、もしくは
 そうしたいから。)
 
 
夢の国は
 
①の人には
 
バースデーのシール
キャラクターのグリーティング、サイン
 
丁寧なファンサービス
 
を行い「嬉しい!」を与える。
 
 
②の人には
 
子ども向けでありながら子供騙しでない
アトラクションや
広い園内で音楽までが完璧に進行するパレード、
隣会うエリアの音が被らないような設備設計、
完璧に教育されたキャストで
 
手間暇をかけたと想像できるサービス
 
を行い「誠実さ」を見せる。
 
 
 
そりゃあね
 
 
ファンが増えますよ。
(まんまと引っかかった)
 
 
 
 
先々の仕事で参考にしたいモデルだな
と思います。
 
 
今度はお誕生日に行きたいなあ。
 
 
では!